私が看護師になったきっかけ

私が看護師になったきっかけ

小さいころは体調を崩す事が多くて、病院によく入院をしました。

 

その時に多くの看護師さんと関わりを持ったのですが、その中でも最後に入院をした時の看護師さんの印象がとても強く、憧れでもありました。
看護師さんといえども忙しい仕事だからか、イライラしている事もあって怒られる事も多々ありました。

 

私が悪い事をしたから怒られたのですが、私の印象に残っている看護師さんはいつも同じ関わりをしてくれる人でした。

 

病院で体調が戻ってくると私の話相手になってくれたり、笑顔で関わってくれた姿がとても印象的でした。
本当に優しくてずっと話をしていたいような看護師さんでした。

 

退院をする時はとても寂しかったのですが、そのときも笑顔で退院を祝福してくれました。

 

定期検査で通院をする時はその人に会いに病棟にまで顔を出す事が恒例になっていました。
でもその方も結婚で退職をされてから会う事ができなくなってしまいました。

 

その看護師さんとの出会いをきっかけに私は、看護師を目指すようになりました。
患者の気持ちがわかるいつも笑顔で治療にあたる事ができる人になりたいと思って、目指しました。

 

今はその夢を叶えて働いています。あの時の出会いが私の人生を変えました。

看護師の転職活動のメリットについて

看護師として五年間医療機関で働いていたのですが、結婚が決まったため、
夜勤のない定時で上がれる職場を求めて転職活動を行いました。

 

すると、病院やクリニック以外での求人も非常に多く、製薬会社や看護学校の教員、
地域の保健所や一般企業の医務室勤務など、さまざまな職場における求人情報を見つけることができました。

 

そこで、専門的な医療知識や高度なスキルを最大限に活かしながら、夕方までの勤務が可能な一般企業に応募してみることにしました。

 

無事に採用してもらうことができて安心しました。

 

一般企業の医務室では、定期的な健康診断を行ったり、職員の体調不良や怪我などにも迅速に対処して、
必要な場合には病院に搬送することもあります。

 

また、健康に関する悩みにも親身になって相談にのっていますので、体と心の両面から徹底したケアを実践しているのです。

 

このように、専門性の高い看護師の資格と経験を持っていれば、
幅広い選択肢の中から自分のライフスタイルにぴったり合った職場を見つけることが可能なのです。

 

病院などの医療機関だけにとどまらず、教育機関や一般企業、地域の保健所など、
あらゆる場所で活躍できるという大きなメリットがあるのです。

 

本当に転職活動をしてよかったさと満足しています。

看護師としての転職活動

大学時代に看護に関する勉強をしていて、看護師の資格を取得しました。

 

最初は、大きな規模の病院に就職して、さまざまな診療科目を担当していたのですが、
より患者さんと接する仕事をしたいと思うようになったため、転職活動を始めました。

 

看護師の場合、一般企業の転職活動と同じように進めていくと、
なかなか転職することができないという話を聞いていましたが、実際にその通りだと感じています。

 

掲載されている求人の数が限られてしまうため、効率的に活動する方法を考えなければなりません。

 

看護師の転職活動をサポートしている転職サイトを利用することにしました。

 

転職サイトには、専門のキャリアコーディネーターがいて、丁寧にカウンセリングを行ってくれます。

 

初めての転職活動なので、どのように行動すればよいか分からなかったのですが、
キャリアコーディネーターと話をしていくうちに、自分が進みたい方向が見えてくるようになりました。

 

規模の小さいクリニックを中心に応募していきたいと考えていますが、やみくもに応募しても採用されないため、
キャリアコーディネーターのサポートは重要です。

 

自分の希望条件が明確になり、アピールの仕方も学ぶことができたので、安心できています。